長財布

長財布メンズ!厳選おすすめアイテム。

末永く愛用し続けられる長財布(メンズ)を活用しましょう。

  1. 長財布メンズ!人気の本革仕様LONGWALLET

長財布(メンズ)に求められる革素材の上質感と作り(縫製)の丁寧さ。

長財布メンズ

流行に左右されることの多いファッションアイテムにおいて、「財布」・・特に「メンズ財布」 は、あまり時代の流れに左右されること無く、人気傾向が維持されているのが特徴です。 女性用の財布は、流行やブランド志向の影響を受けやすいものの、男性用の財布に求められているのは 「素材の上質感」と「作り(縫製)の確かさ、丁寧さ」となっています。

中でも長財布(メンズ)はビジネスシーンで活用されることも多く、「信頼感」「上質感」「高級感」といった 風情が感じられることが重視される傾向にあります。奇抜なデザインや城巽さに欠けて素材などは、 他者から、好ましく思われないことが多く、社会人としての印象に大きな影響を与える要素となることも ひとつの要因となっているのではないでしょうか。

目次

1)長財布メンズの人気「革ブランド」10選。
ポール・スミス(Paul Smith)
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
ポーター(PORTER)
プラダ(PRADA)
グッチ(GUCCI)
ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)
ディーゼル(DIESEL)
ココマイスター(COCOMEISTER)
ダンヒル(dunhill)
ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

2)人気のメンズ長財布とは!「上質な革素材&匠の伝統技術が光る日本革職人創作品」。
3)長財布(メンズ)ランキング!目的別の人気ロングウォレット動向
4)おすすめのメンズ長財布!上質本革仕様の日本製LONGWALLETをご紹介。
5)厳選人気の日本製本革メンズ長財布。本物志向の革職人仕立て!
6)長財布(メンズ)情報!フォルム(形状)・機能性による5種類の長財布デザイン。
7)末永く愛用するための本革長財布(メンズ)のお手入れ情報!
8)今人気の長財布を創出している日本革ブランド&革工房!
9)古くなった、長財布の処分方法

長財布メンズの人気「財布ブランド」10選。

”おすすめの長財布(メンズ)””人気の本革長財布(メンズ)”をご紹介する前に、現在、日本で人気の「メンズ財布ブランド」 をご紹介しておきたいと思います。

ここでは、単純に”販売実績”を指標としましたので、海外ブランドを中心とした「ブランド志向の財布ブランド」が多く ランクインすることに。

ただ、単体の”財布アイテム”としては、「革の希少性」「革職人が時間をかけて仕立て上げる」ことから、もともと創作数の少ない (限定個数販売)「本物志向の革財布」も高い人気を得ているもの。

企業規模としては、小さくとも、革職人が立ち上げた革ブランド・革工房も高い支持を得ていることを知っておいていだたければ 幸いです。

ポール・スミス(Paul Smith)。

ポール・スミス(Paul Smith)

●人気のメンズ財布ブランド:ポール・スミス(Paul Smith)

イギリスを代表するファッションブランドがポールスミスです。

英国伝統的な革素材”ブライルレザー”を使用した財布シリーズの他、華やかな色に彩られた「イラスト・絵画」「ストライプ柄」 などの財布が人気となっています。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

●人気のメンズ財布ブランド:ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

日本で多くの愛好家がいることから、常に高い人気を維持しているのがルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)です。

女性用のファッションアイテム(財布・バッグ)だけでなく、男性にも多くのファンが存在。ブランドの礎となっている「モノグラム」 と「ダミエ」は今も人気の中心に。

ポーター(PORTER)。

ポーター(PORTER)

●人気のメンズ財布ブランド:ポーター(PORTER)

日本のバッグメーカー「吉田鞄製作所」が1962年に立ち上げた自社ブランドが「ポーター」です。

バッグメーカーらしく、財布にも”高い収納性”を重視したアイテムが多く見られます。「機能性重視」の男性に 人気の財布ブランドとなっています。

プラダ(PRADA)。

プラダ(PRADA)

●人気のメンズ財布ブランド:プラダ(PRADA)

イタリアを代表するファッションブランドのひとつが「プラダ」です。 「ポコノ」と呼ばれる工業用防水ナイロン生地を使用した財布アイテムが人気の中心に。。

近年では、「サフィアーノ」と呼ばれる牛革素材を使用したメンズ財布も、支持を拡大してきています。

グッチ(GUCCI)。

グッチ(GUCCI)

●人気のメンズ財布ブランド:グッチ(GUCCI)

「グッチ(GUCCI)」は、”ルイ・ヴィトン”と並んで、日本でお馴染みの海外ファッションブランドとして定着。 トータルファッションブランドとして育まれてきています。

グッチ(GUCCI)のメンズ財布は、「ロゴ」「アート」「文字デザイン」など個性的なアイテムが増加傾向に。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

●人気のメンズ財布ブランド:ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

イタリアのヴェネト州を拠点としたファッションブランドが 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」です。

”グッチ(GUCCI)”などとは、相反するコンセブトを有しており、「ブランドイメージ」を前面に表したアイテムではなく、 「使う人の引き立て役」となることをコンセプトとした本物志向の財布が魅力となっています。

ディーゼル(DIESEL)。

ディーゼル(DIESEL)

●人気のメンズ財布ブランド:ディーゼル(DIESEL)

”ディーゼル”はデニム&カジュアルファッションをコンセプトとしたイタリアのファッションブランド。

プレミアムカジュアルなメンズ財布アイテムが中心で、プライベートシーンで活用する財布としてのニーズを有しています。

ココマイスター(COCOMEISTER)。

ココマイスター(COCOMEISTER)

●人気のメンズ財布ブランド:ココマイスター(COCOMEISTER)

2009年自由が丘店に店舗を出店。まだ、歴史はそれほど重ねていませんが、現在、日本革ブランドの中で、最も高い販売実績を誇る革ブランドに成長したのが、「ココマイスター|COCOMEISTER」 です。

革職人仕立ての本物志向のメンズ財布を創出。供給が需要に追い付かないアイテムも多く存在している状況となっています。

ダンヒル(dunhill)。

ダンヒル(dunhill)

●人気のメンズ財布ブランド:ダンヒル(dunhill)

英国を代表するメンズファッションブランドのひとつが「ダンヒル(dunhill)」です。

シンプルフォルムの財布デザインが中心。ダンヒルのロゴがデザインアクセントとなっています。 昔に比べると、日本での人気は少々下降傾向と感じています。

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)。

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

●人気のメンズ財布ブランド:ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

1875年創業。英国バーミンガムを拠点とした革ブランドが「ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)」です。 乗馬用の鞍や手綱などの革製品(馬具)の制作から始まり、現在では、革財布・革バッグといったファッションアイテム を創出しています。

主に、馬具づくりの歴史・技術を継承した「ブライドルレザー仕様の革財布」が主力アイテムとなっています。

人気のメンズ長財布とは!「上質な革素材&匠の伝統技術が光る日本革職人創作品」。

長財布メンズ

近年、日本で人気のメンズ長財布となっているのが、 日本製の本物志向LONGWALLETです。 上質な本革素材(leather)を使用、日本の匠革職人が仕立てた革財布が人気の中心となっています。

皮革に関しては、 世界的に上質革産地として多様な革素材を創出しているのが欧州各国。中でも、イギリス・イタリア ・ドイツ・フランス・スペインが上質革素材産地として高いステータスを有しています。

そんな上質欧州革素材を日本に輸入して、日本の革職人によって財布作りを行う・・そんな日本革ブランド& 革工房が徐々に増加。人気を牽引しています。

〇最新情報

>

長財布(メンズ)ランキング!目的別の人気ロングウォレット動向

長財布メンズランキング

男性用の革財布も「フォルムデザイン」「革の風情」「革の特性」「色彩」など多様化しています。 単純にすべてを一括りにして、販売数などをベースに人気傾向を見出したところで、あまり参考とは なりません。

”自分は長財布に何を求めるのか”を念頭にした上で、その目的に沿った人気傾向を参考としたいものですよね。 下記の各目的別の長財布人気ランキング記事をご参照いただければと思います。

本革メンズ長財布ランキング!「丈夫な財布」編
しなやかさに優れた本革仕様のメンズ長財布 BEST3!
スーツスタイルに最適な本革メンズ長財布 BEST3!

おすすめのメンズ長財布!上質本革仕様の日本製LONGWALLETをご紹介。

長財布メンズ

ビジネスシーンにおいても、プライベートシーンにおいても、おすすめの長財布となるのが、 上質本革仕様の日本製LONGWALLETです。

上質本革ならではの、”強度”と丁寧に仕立てられる日本の革職人アイテムだからこその”耐久性”が 長持ちする財布を創出してくれるから。

そんな本物志向のメンズ長財布を下記記事にて、ご紹介していますので、ご参照ください。

魅力の異なる”7種類の牛革仕様”メンズ長財布特集!
コードバン長財布!水染め仕上げ・オイル仕上げ・蝋引き仕上げのLONGWALLET。

厳選人気の日本製本革メンズ長財布。本物志向の革職人仕立て!

現在、日本では、メンズ財布において、上質本革仕様の革職人仕立ての財布が人気となっています。 もともと、”ブランド志向”よりも”本物志向”の財布のほうが、男性には支持を得ていましたからね。

近年、新たに誕生した日本の革工房・革ブランドの影響も大きなものとなっています。革素材の品質や 革職人の技術には、こだわりを持ちつつ、従来の販売ルート(百貨店など)への拘りは捨て、実店舗を 運営しながら、独自のオンラインショップを中心とした販売戦略を確立。インターネットを通じた、 購入が拡大することとなりました。

このことにより、革職人仕立ての本革財布が身近なもの(購入しやすくなった・情報に触れる機会が増えた) となったことが、本物志向の本革メンズ財布の人気に繋がっているものと感じています。 ここでは、そんな人気の上質本革仕様の日本製メンズ長財布をご紹介したいと思います。

オークバーグ仕様の長財布「ワイルドビショップ」。
オークバーグ長財布

”オークバーグ”は、英国伝統的な革素材であり、紀元前から伝わる自然な革製法によって創出される貴重な革素材となっています。

「オーク材(樹木)」を使用。一年もの年月を費やすことにより作られており、その長き時間経過の中で、”オーク材の木目”が 革表面に写し取られた特有の革模様が魅力となります。

「時間」と「手間」を要する革となるがゆえに、近年、絶滅危惧される革素材に。

そんな貴重な”オークバーグ”を絶やさないようにと、日本革ブランド”COCOMEISTER”が商品化したのが、 こちらのオークバーグ仕様の長財布「ワイルドビショップ」です。

世界的に見ても、オーグバーグ仕様の財布は、他には見つけることが出来ないものと思っています。 最高のオリジナリティー&ステータスを有する長財布となりそうですね。

*素材:オークバーグ
*色彩:チャコールウッド、ウッドバーン、オークネイビー、ブラックリーフ、オイルブラウン、イングリッシュオーク他



オークバーグ仕様の長財布の詳細・購入はこちら。

イタリアオイルレザー仕様のラウンドファスナー長財布「クラブウォレット」。
本革メンズ長財布

日本で大人気のイタリアオイルレザー「ミネルバボックス」。落ち着いた艶感と牛革素材ならではの、素材感が 堪能できる特有のシボ柄が特徴となっています。

こちらは、そんなミネルバボックスを使用して、日本の革職人が仕立て上げたラウンドファスナー長財布 「クラブウォレット」。耐久性と収納力の高さが人気のポイントとなっています。

*素材:ミネルバボックス(イタリアオイルレザー)
*色彩:オールドブラック、ビターチョコ、ブランデー、ダークネイビー、リモンチェ



イタリアオイルレザー仕様のラウンドファスナー長財布「クラブウォレット」の詳細・購入はこちら。

マットーネ仕様の編み込みデザイン長財布「オリヴェートウォレット」。
本革メンズ長財布

イタリアオイルレザーの中でも、艶感に富んだイタリアオイルカーフ”マットーネ”を使用。とても手間を要する ”編み込みデザイン”にて仕立てた長財布「オリヴェートウォレット」です。

他の財布では、味わうことの出来ないオリジナリティー溢れる、 網目に組み上げた美しいデザインが人気の要素となっています。

*素材:マットーネ(イタリアオイルカーフ)
*色彩:オールドブラック、ビターチョコ、ブランデー、ダークネイビー



マットーネ仕様の編み込みデザイン長財布「オリヴェートウォレット」の詳細・購入はこちら。

最高峰水染めコードバン仕様の長財布「ハイフライヤー」。
本革メンズ長財布

時代を問わず、常にメンズ財布として高い人気を得続けているのが”コードバン仕様の長財布”です。 こちらは、美しい艶感が魅力の最高峰水染めコードバンを使用して、仕立てられた長財布 「ハイフライヤー」。

近年、コードバン素材は、原皮の調達が困難になるほど、希少性が増しており、価格も高騰傾向と なっています。中でも、上質な水染めコードバン素材は、とても入手が困難に。

最高峰の水染めコードバンを使用して創作されている”ハイフライヤー”は、販売・即売り切れが 続いている、入手困難な大人気長財布となっています。入手するためには、公式SHOP内の 「再入荷お知らせメール」への登録が必須に。

*素材:水染めコードバン
*色彩:ブラック、ボルドーワイン



最高峰水染めコードバン仕様の長財布「ハイフライヤー」の詳細・購入はこちら。

長財布(メンズ)情報!フォルム(形状)・機能性による5種類の長財布デザイン。

大きな変化はありませんが、昔と比べると”長財布”も多様化してきています。「フォルム(形状)」 「機能性」の視点から、分類すると、現在、下記に記している”5種類”の長財布デザインが存在しています。

ラウンドファスナーデザイン長財布。
本革メンズ長財布

近年、メンズ長財布として、人気を高めている長財布デザインです。財布の三辺がファスナーによって、 開閉できる仕様となっています。財布の中身が確認しやすく、収納量も多いのが機能的な特徴に。

財布を床面に落としてしまった時にも、財布の中身が散乱しないで、保持できるのが魅力ともなっています。

反面、スーツの上着内ポケットなどには、ボリューム的に収納しにくく、基本的には、鞄(バッグ)に入れて 持ち歩くことを前提とした長財布となります。

また、使い方によっては、”ファスナー”が破損することもあり、通常の長財布(フラップデザイン)と比較する と財布の耐久性に少し劣る(寿命が短め)傾向があると言えそうです。

L字ファスナーデザイン長財布。
本革メンズ長財布

長財布の二辺をL字型にファスナーにて開閉できる長財布が「L字ファスナーデザイン長財布」です。 デザイン性に富んだアイテムが多いのも特徴と言えるのではないでしょうか。

基本的には、財布全体が”しなやかさ”を有しており、少量の小銭が収納できるものの、 「カード類」の収納には不向き。カード類が破損してしまうことがありますので、 札入れタイプ の財布として活用するのが望ましい長財布となっています。

厚みが薄く、大半がスリムデザインとなっています。スーツの内ポケットに収納しやすく、スマートに活用 出来る長財布となるのが特徴です。

フラップデザイン長財布。小銭入れポケット付き
本革メンズ長財布

一般的な長財布として親しまれているのが「フラップデザイン長財布」。”かぶせデザイン”とも 呼ばれているものです。

ラウンドファスナーデザイン長財布と比較すると、”収納量”は劣るものの、お札・小銭・カード類を 必要十分にバランス良く収納できるのが特徴となっています。

”マチ形状”によって、お札の収納力が変化。100万円の札束を収納できるものなど、デザイン的な 種類が豊富。最も多様性がある 長財布デザインとなります。

フラップデザイン長財布。スリムデザイン&札入れタイプ
本革メンズ長財布

フラップデザイン長財布の中で、スリムさを追求したものが、「スリムテザイン長財布」となります。

少量の小銭が入れられるポケット付きと小銭入れポケットの無い、札入れタイプがあります。 スーツスタイルに最も適した長財布と言えるもの。ビジネスシーンにて活用する長財布として、高い 人気を得ています。

”スリムさ”を重視していることから、お札の収納力は少し劣るものに。お札の収納量には、あまり 、こだわらない・・クレジットカード利用などを中心としている方に適した長財布と言えそうです。

クラッチバッグデザイン長財布。
本革メンズ長財布

長財布の中で、最も収納力が高く、多機能性を備えているのが「クラッチバッグデザイン長財布」です。

お札・小銭・カード類はもちろんのこと、「スマホ」「パスポート」なども収納できるアイテムも存在 しています。セカンドバッグ的な使い方が出来るのが大きな魅力となっています。

反面、長財布の中では、最も大きなサイズ感のアイテムとなることから、ポケットインにて、持ち歩く ことには不向きな長財布に。

末永く愛用するための本革長財布(メンズ)のお手入れ情報!

上質な本革素材を使用して、革職人の手によって、丁寧に仕立てられた革財布は、適切なお手入れをしていれば 、一生使用していくことも可能となることもあるものです。

”革のお手入れ方法”は、革素材の種類によっても、大きく異なります。ほとんど日常的なメンテナンスを必要としない 革素材も存在していますからね。まずは、こちらの記事(長財布メンズ|異なる革風情&特性を有する革素材情報|牛革素材の種類と呼び名 )にて、革素材の種類・特性を知っていただければと思います。

各革財布に共通した、お手入れ情報に関しては、下記記事にて記していますので、ご参考にしていただければと思います。

本革長財布に”水シミ”が出来たときの対処方法!革の水シミは翌日に持ち越さないように。
長財布メンズ|本革財布のお手入れ情報特集!

今人気の長財布を創出している日本革ブランド&革工房!

近年、日本において、人気の本革仕様メンズ長財布を創出している日本革ブランド&革工房を 厳選してご紹介したいと思います。下記記事をご参照ください。

人気の日本革ブランド&革工房紹介。

古くなった、長財布の処分方法。

財布の処分

財布を買い替えたとき・・”古くなった(不要になった)財布の処分は、どうすればいいんだろぅ・・。” と思ったことはありませんか?財布を大切に活用してきたほど、処分方法に頭を悩ませたことがあるのでは ないでしょうか。

そんな”財布の処分”に関して、日本の仕来りや風習を紐解いてみても、「不要になった財布の処分方法」に言及した要素は無いようです。 基本的には、「普通に家庭ゴミとして処分」で問題ありません。(ファスナーなど金属が使われている財布が多くなっていますので、 家庭ゴミの処理方法は、各自治体の情報を確認してくださいね。)

とはいえ、愛着を持って使用してきた財布ですから・・少し丁寧に処分することは心がけておきたいもの。 ポイントとなるのは、不要になった財布を”包んで”捨てるということ。

新聞紙や包装紙などでOKです。”包む”という行為の中で、「いままで、ありがとう」といった感謝の気持ちを込める ことが出来ます。また、他の家庭ゴミと直接接触しないようにするということが、心配りのひとつと なるわけです。

参考情報となりますが、 財布屋という革工房のサイト内にて、「財布を処分するときに、使う専用の包装紙」が無料でダウンロード(こちらから)できます。 財布への感謝の言葉が綴られた、可愛らしいイラスト付きの包装紙。 活用してみてはいかがでしょうか。